2014年5月14日

【楽園】イギリスの路地裏を感じるアウトローなBarで幸せに満ちる

ページ数(2/5)
森本 康司 森本 康司

その灯りが、さらにレンガの温もりを鮮やかにして、何とも言えない居心地の良さを予感させてくれているな。

店内②

こういう気分になれる時は、決まってカウンターに座り、バーボンをチビリ。
のんびりと酔いを始めたい。

こうして目の前に酒瓶を見つめると、先ほどまで馬車道を歩いている夢に触れていた感覚が、今度は常盤町で迷い込んだ路地裏の先に、ほんの少しイギリスを感じさせてくれているような実感に変わってくる。

 
オーナーバーテンダー 加賀美 博志 さん
加賀美さん①

加賀美さん:
いらっしゃい。
何をお飲みになりますか?

 
おっと…そうだったな。

迷い込んだ末に見つけた今宵の酔い場で、常盤町から馬車道に行ったり、果てにはイギリスの路地裏まで気分を飛ばしてみたりしている場合ではない。

店内⑥

いつものバーボンはあるかな…?

※いつものバーボンとは、呑み歩く癖が始まったきっかけとなった初めて飲んだバーボンのこと。20年以上も前に飲んだOld Grand Dad 114 Proofが、呑兵衛の始まりだった。前回はプラネットBar 星蔵でお目にかかっている。

 
カラン…

加賀美さん④

 
クル、クル、クル…

加賀美さん③

さすがは、バーテンダー

華麗な手つきで、いつものバーボンをオンザロックにしてくれる。
その手つきをより一層と華麗に映し出しているもの…。

 
あ、あぁ…
 

お店詳細

目次に戻る