2017年4月22日

野毛大道芸2017で野毛は街中大賑わい!大道芸に歓声が湧き上がる

森本 康司 森本 康司

今年もこの季節がやってきました。野毛の街中が大歓声に沸く、野毛大道芸2017。野毛坂通り、野毛本町通り、野毛柳通り、福富町西公園、横浜日ノ出桟橋などを会場に、街中の至る所で大道芸を楽しむことができる。会場でマップを手に入れ、大道芸をはしごしてみては!

2017年4月22日(土)~23日(日)の二日間、野毛エリアでは毎年恒例の人気イベント野毛大道芸が開催されています。

会場となるのは、野毛坂通り、野毛本町通り、野毛柳通り、福富町西公園、横浜日ノ出桟橋などで、街中のいたるところで大道芸を楽しむことができます。

野毛大道芸2017野毛大道芸2017

本日はあいにくのドンより天気でしたが、野毛本通りの会場にはたくさんの人が大道芸を楽しんでいました。

野毛大道芸2017野毛大道芸2017野毛大道芸2017

野毛本通りの通りは歩行者天国になり、車の通行が規制されています。そこに所狭しと大道芸人たちが持ち前の芸を披露していました。

野毛大道芸2017途中、一年前に大きな被害を出した熊本県の応援ブースも。熊本の物産展やチャリティーを行っていました。

あいにくの天気ですが、さすがは野毛の代名詞ともいえるイベントである野毛大道芸

ものすごい人が通りを歩いては止まり、大道芸を見ては歓声を上げていました。

野毛大通りの通りを通り抜け、都橋を渡った先にある福富町西公園。

野毛大道芸2017野毛大道芸2017

筆者が通った時に「ワァ~」という大きな歓声が聞こえましたので、そのまま公園の中に入って行きます。

Performer SYO!

野毛大道芸2017

福富町西公園の奥から聞こえた歓声の理由は、こちらの大道芸人のパフォーマンス。

野毛大道芸2017野毛大道芸2017

大道芸といえば!ともいえる火を使ったジャグリング。

野毛大道芸2017野毛大道芸2017

それだけでも盛り上がるのに、今度は刃のついたチェンソーにエンジンをかけ、ジャグリングです。

野毛大道芸2017実際には、こんなにキャシャな腕をしている大道芸人。

ジャグリングしたチェンソーは、4kgもあるのだとか。それを片手で軽々と回していく姿を披露したころには、このパフォーマンスを観る観客の輪が大きくなっていました。

こちらのPerformer SYO!さんの大道芸は、明日(4月23日)も同じ福富町西公園で3度観られるそうです。


明日はせっかくの週末、野毛にお出かけしてみませんか?

野毛大道芸2017野毛大道芸2017

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る