2015年9月12日

瀧自慢 神の穂 秋あがり

森本 康司 森本 康司

三重県のお酒「瀧自慢 神の穂 秋あがり」を頂きました。お酒の甘味と生ハムやウニの塩気が口の中で混ざり何とも言えない味わいになりました。どちら方と言うと食中酒として頂きたい銘柄でした。

瀧自慢

甘味

旨味

酸味

苦味

香り

名称 瀧自慢 神の穂 秋あがり
産地 三重県
蔵元 瀧自慢酒造株式会社
種別 純米酒
提供店舗 地酒や 文次郎
横浜市中区尾上町3-40 第二柳下ビル1階

コメント

生ハムコツコツと記録する日本酒飲みある記。ゆっくりのんびりやっていこうと思っていましたが、日本酒好きの性分に火が付き、ここぞとばかりに日本酒を飲むようになってしまいました。この日はライター岸野の取材同行で伺った地酒や 文次郎さん。

単なる見学のつもりで伺ったのですが、店主の方のご厚意で私まで日本酒をいただいてしまいました。

編集長に是非!と言われいただいた一本目は三重県の「瀧自慢 神の穂 秋あがり」。何と口開けで呑ませて頂きました。日本酒だけじゃなく、おつまみまでご準備いただき、何とも感謝。

ウニひやおろしに加え口開けだったこともあり、少々雑味を感じましたがワインのように少し空気に触れさせてやれば芳醇な香りが広がりました。

生ハムやウニのような、少し塩気があるツマミと合わせるのが良いかな。お酒の甘味と生ハムやウニの塩気が口の中で混ざり何とも言えない味わいになりました。

どちら方と言うと食中酒として頂きたい銘柄だと感じました。

※ここに書かれているコメントは、あくまでも個人的な主観に基づく見解であり、特定の銘柄を推奨または批判する物ではありません。また記事中に出てくるお店やお料理のメニューは、訪問日現在の情報です。常にそのお店でこの銘柄が提供されているとは限りませんので、予めご了承ください。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る