京浜東北・根岸線ホームドア設置へ、関内・石川町駅は含まれず!?

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は、2016年12月13日付けのプレスリリースで、駅ホームの安全性向上に向けた取組みについて発表した。

主な取組みとして挙げられたのは、駅ホームにおける更なる安全性向上のためホームドアの導入を進めるということと、内方線付き点状ブロックの整備を進めるということ。

山手線については、2010年から全駅へのホームドア導入を進めてきていて、既に24駅に設置が完了。そして、今後京浜東北・根岸線へも導入を進めていくと発表している。

しかし京浜東北・根岸線のホームドア設置について触れられているのは、大宮~桜木町間の37駅(新たにできる仮称:品川新駅を含む)としていて、関内・石川町~大船の10駅について触れられていない。

それに関連するのかは定かではないが、大船・桜木町間の京浜東北・根岸線には、日本貨物鉄道(JR貨物)が線路を使用して貨物列車を走らせている。
なお、JR東日本のプレスリリースには、その他として「新国立競技場周辺の駅」についてもホームドア設置を進めるとしていて、東京オリンピックの開催に配慮していることも見受けられる。

だとすると、今月正式に野球・ソフトボール競技の会場となった横浜スタジアムの最寄りとなる関内駅への設置も検討して欲しい。関内駅は平成29年度に駅改良工事が終わる予定になっている。

プレスリリース全文については、JR東日本のホームページ、または記事中のサムネイル画像をクリックして確認されたし。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事minamikoukaido_eye南区役所、開館一周年を迎える南公会堂の愛称を決める投票を開始

次の記事20161216baystars_eye球団史上最速、販売開始から102日で「シーズンシート」全席完売

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る