おいしく観戦♪横浜DeNAベイスターズ球団オリジナルグルメに舌鼓

プロ野球のある街、関内

その幸せを1年のうちで最も噛みしめることができる季節、がやってきました。

なぜか。そりゃ、ビールがおいしいからですよ!

もはや「プロ野球」の枕詞です、「ビール」は。大人の野球観戦に欠かせません!(もちろん横浜DeNAベイスターズファンとしてしっかり応援するのが大前提ですが!)

席で売り子のお姉さんから買うもよし、コンコースの売店で買うもよし。球場では各種ブランドのビールを楽しめるわけですが、今、ハマスタでビールと言えばなんといってもこの二つ。

横浜DeNAベイスターズオリジナル醸造の、ベイスターズ・エールとベイスターズ・ラガーです!

ハマスタグルメのクラフトビール

なんですかこの、おっしゃれーなデザインは!!なんだか外国のビーチとかで飲めるビールみたいですよね。

ベイスターズビールの販売員ベイスターズ・エールは苦味が少なく、飲みやすくてフルーティー。アルコール度数も4.5%と低めで、女性に人気があるそうです。関外の福富町にある「横浜ベイブルーイング」との共同開発で誕生しました。

ベイスターズ・ラガーは抜群ののどごし。ベイスターズ・エールと比べると苦味があって旨みが強く、飲みごたえがあります。こちらは茨城県にある1823年創業の老舗「木内酒造」との共同開発です。

どちらも、とことんこだわって造られた味。球場で飲める700円ビールの域を超えたと言っても過言ではない、本格的なクラフトビールです。

販売員さん達のコスチュームも一風変わっていて、名だたる麦酒会社のビールからは一線を画し、オリジナル街道を突っ走っています。

こちらはベイスターズ・エールの販売員さんのコスチュームです。


さて、ハマスタではこれらビールのほかにも、横浜DeNAベイスターズオリジナルグルメを楽しめること、ご存じですか?

コンコースの売店で購入できる、今シーズン誕生した3つのグルメをご紹介してまいります!

そして今回は小紙ライターだけで勝手に食べ歩きしたんじゃありません。横浜DeNAベイスターズ広報・PR部の河村康博さんから解説を頂戴することができました。お忙しいところ本当にどうもありがとうございます!

横浜DeNAベイスターズ広報PR部の河村康博さん

まず案内していただいたのは、5番ゲート横で販売されている「ベイスターズ・ドッグ」(700円)。

ベイスターズ・ドッグ

パンは、固いオリジナルブレッドと柔らかいソフトブレッドから選ぶことができます。

ベイスターズ・ドッグ②

さあ、早速購入!オリジナルブレッドにしましたよ。

このベイスターズ・ドッグ、何より特徴的なのは、緑色の輪切りになったコイツ…。

ベイスターズ・ドッグ③

河村さん:「ベイスターズ・ドッグは、このハラペーニョがたまらないんですよ~!」

ハラペーニョ=青唐辛子。つまり結構辛いってことでしょうか…。私、辛すぎるのはちょっと苦手で…。

河村さん:「大丈夫ですよ!」
横浜DeNAベイスターズ広報PR部の河村康博さん②

河村さんを信じて一口。

…いやいや、結構辛いですよ、これは!!HOT!!

口の中がじわりじわりとピリピリしてくる感じです。でも辛い分、ビールには抜群に合います。

河村さん:「そうですかね~、そんな辛くないと思ったんですけどね~」

…と河村さんがおっしゃる通り、辛いのが好きな方にとってはなんてことない、程よい辛さなんだそうです。私のように、辛すぎるのはちょっと…という人には結構刺激的です。

そんな辛いのが苦手、という方は、ハラペーニョ抜き(550円)もあるのでご安心くださいね!

河村さん:「ソーセージも厚木ハムさんに特別につくっていただいたもので、保存料と着色料を使っていません。全体的に味がしっかりついていますから、ケチャップやマスタードをつけずに食べていただくことをオススメしています。」

なるほど、売り場にもそのような案内が。ハラペーニョとソーセージの味そのものを楽しむのが、ベイスターズ・ドッグのツウな食べ方ってわけですね。

ベイスターズ・ドッグ④


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事yukaku_eye【歴史探訪】ー横浜公園の地にあった遊廓のその後の足取りを追う

次の記事bettei_eye【別格】筆の誤りも知らない弘法に最高の喜びを教わる別亭空海!

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る