【重鎮】関内の文化を築き上げるハート&ソウルで盛り上がる!

ハート&ソウルは、毎日違うヴォーカルがゲストとして出演し、ファミリーバンドの演奏でステージを行う。そんなシステムだ。

そしてこの日のゲストヴォーカルは、藤川 なお美さん。

細い身体からは信じられない声量で、素敵な歌を聴かせてくれている。

 
アコースティックギターソロ
原さんソロ

しばらくの間、バーボンと音楽を楽しんでいたところ、どうやら今回のステージも終わりになるようだった。

テーブルの上に置かれたお店のパンフレットで確認すると、平日は約40分のステージが6回もあるようだ。しかも金曜日と土曜日にあっては、朝の4時まで営業で、7回ステージがあるという。

 
なんだ、まだまだ楽しめるぞ!
 

今回のステージが終わりになると聞き、少し落胆しそうな気持だったが、そのことを知って安堵のため息がこぼれた。

アコースティックのギターは、お客のリクエストに応え、さっきからビートルズのナンバーをメドレーで演奏。弾き語りをしている。

原オーナー

ステージが終わり、店内の少し照明が明るくなったところで、2杯目のバーボンを口にしていると、先ほどまでギターを弾いていた男性が声をかけてくれる。

どうやらこの人は、このお店のオーナーのようだった。

 
オーナーの原 正行さん
 

せっかくこんなに雰囲気の良いお店だ。気さくにオーナーが話しかけてくれたんだから、少し話を聞かせてもらおう。

聞きたい曲とか合ったら遠慮なくリクエストしてね。リクエストはテーブルの上にあるカードに書いて、スタッフに渡してくれれば良いよ。

 
そんなことを言っても、無数にある洋楽の中から、演奏したことが無い曲が入ったらどうするんだろう…。余計な心配かも知れなかったが、そんなことが脳裏をよぎった。

できる限りリクエストには応じられるようにするからさっ。まぁ、その日のバンドのメンバーによってはできないこともあるけど、ステージの合間に音源聞いてみて考えるから。

そういって、原オーナーが向けた視線の先に目をやると、そこにステージを終えたバンドメンバーが、休憩をしながら譜面を確認し、次のステージの曲順を話し合っているようだった。

バンドメンバー

それにしても凄いな。

仮に知っている曲だったとしても、事前の音合わせは必要ないのだろうか?

弾き慣れた曲ならまだしも、ご無沙汰している曲だったらどうするんだ…。

 
まぁ、そのあたりがプロのミュージャンの凄さなんだろう。

そんなこと思っていると、

聴きたい曲ある?

と、原オーナーが更に問いかけてきた。

 
今日はちょっと特別なんだ…。

お店詳細


ページ:
1

2

3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事bunjiro_eye【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎!

次の記事qlz_eye【圧巻】驚異的なデカさのクイーン・エリザベス号に鳥肌が立つ

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る