【瞑想】豊富なモルトにうなり心身の静寂を取り戻せるBAR MARINE

すっかり秋めいた気候になった。

世間では食欲の秋、読書の秋などと、この時期になると盛んに言うようだが、非日常的な空間に身を任せて心身の静寂を取り戻せる夜長という表現が一番だ。

観光客や食事客でごった返す昼間とは一変、明かりが光る店の数が極端に減った後の中華街を、安らげる止まり木を一人探すのに良い季節となった。

 
そんなことを思いながら、いつもとは違い石川町で電車を降りる。もう電車も終わる頃なら、人並みにもまれることもなく、涼しさがより清々しく肌に触れ、心に安らぎを与え始めてくれる。

北口から中華街の西門をくぐり、いつもよりゆっくり足を運ぶ。

 
こんな夜は、あの店だと決まっていた。

男が一人、程よく物思いに耽れる場所。
男が一人、恥じることなく淋しさを感じられる場所。

そう…。その場所こそがこのお店。

 
BAR MARINE
マリーン外観①

初めてこの店を見つけた時、あてもなく歩いたはずだったのに、あたかもここを目指して来たと思えるような感じを覚えた。

どこか知らない場所で、誰にも見つからない所で、自分の心を静かに見つめ、フッと人恋しく感じられるようになるまでゆっくりと休みたいと歩いて来た。

マリーン外観②

ただ何となく、足を進めていた時に看板を目にし、その瞬間に階段を登り始めていたのだった。

階段を見上げると見えるユニオンジャック。ガッツリと異色な雰囲気を味あわせてくれるウィスキーを紹介する写真。目にした看板に書かれていた「No Charge」という文字に安心感を覚え、ガムシャラに、でもゆっくりとこの階段を登ったことが忘れられない。

マリーン外観③

この階段の先に、どんな空気が流れているのか。
この階段の先で、どんな瞑想をさせてくれるのか。

静寂に包まれ心と身体の安定を取り戻すために必要な時間と空気。今は、それがどんなもので、ここに来ることの必要性に疑心することもなく、ゆっくりと扉に近づけるようになった。

マリーン入口

誰にも教えたくない居場所が、

男には一つや二つはある。

 
でもどこかで、

 
その場所を持っているということを、

自慢したくなる気持ちもある。

 
多層的な心と単純な身体。酒を一口チビリとやった途端に融合する心身だが、そのチビリを始めるまでは、いつものように別人格を持ち、その席に座るまでの楽しみを一人で味わっているようだ。


お店詳細


ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20140826_salaeye【ワンコインランチ】ハイカラな野菜で体と財布に優しいランチ

次の記事20140919_gindacoeye【ワンコインランチ】何と!500円玉でお釣りが来る脅威のカレー

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る