2016年8月8日

4つの聖獣が宿る神秘の門-中華街を守る10基のシンボル「牌楼」

ページ数(1/2)
岸野 ちほ 岸野 ちほ

ついに夏休みシーズン到来!横浜中華街にも連日たくさんの観光客が訪れているようです。そんな中華街のシンボルともいえるのが、各所で私たちを迎えてくれる10基の門「牌楼」(パイロウ)。これらの門が持つ物語を豪華絢爛な姿とともにご紹介します。

夏休みが到来し、関内には今年もたくさんの観光客が訪れているようです。関内を代表する観光地である中華街も、いつも以上に活気づくシーズンとなりました!

今回はそんな中華街のシンボルともいえる10基の門「牌楼」にスポットを当て、小紙きっての“カメラ小僧”大谷デスクによる写真と共にご紹介してまいります。

まずは中華街の外周にあたる4基。関内ツウのかたには言わずとしれた、東の「朝陽門」、南の「朱雀門」、西の「延平門」、北の「玄武門」です。

この4基は、横浜中華街発展会協同組合の理事長(当時。2012年に退任)であった萬珍楼社長の林兼正さんが、中国文化を発信するツールとしして、中国人の暮らしに根付いている「風水」を活用できないかと考えて生まれたものなのだそうです。林兼正さんの著書「横浜中華街 街づくりはたたかいだ」(発行:神奈川新聞社)の一節にこうあります。

華人の建築士の知恵も借りて思いついたのが、中華街の東南西北に、風水思想でそれぞれの方角を表す色と神獣を配した門を設けて街を守るとともに、中国の伝統文化を紹介し、観光資源として活用することでした。

風水思想のベースとなっている五行説では、それぞれの方角を表す色と聖獣が決められています。東は「青」、「青龍」。南は「朱(赤)」、「朱雀」。西は「白」、「白虎」、北は「玄(黒)」、玄武です。東南西北を守る4基の門を改めて見てみると、その豪華絢爛な姿にはこれらがモチーフとしてしっかりととり入れられています。

東の「朝陽門」は、10基の中で最も大きな門です。

中華街の門ってどれもカラフルなので、実をあまり気にしたことがなかったのですが…確かにしっかり「青」の門ですね。

そして「朝陽門」の文字の下には東を守る聖獣である「青龍」がずらり。日の出を迎える門ではありますが、夜の姿も厳かで猛々しい雰囲気を醸し出しています。

こちらは南の「朱雀門」。夜の空に朱色が映えてうっとり…!「朱雀門」の文字の下や、その両側に、あでやかに羽を広げた朱雀の姿が見られます。

その表情はまさに「守り神」。厄災をはらい、大いなる福を招いてくれます。

西の「延平門」は、白の柱に白虎の姿。

柱のてっぺんや見上げた部分に、勇ましい白虎の彫刻があしらわれているのがわかります。平和と平安のやすらぎが末永く続くことを願う門です。

北の「玄武門」ですが…あれ?黒くない…?と、思いきや柱の部分がしっかり黒。

夜になると、鮮やかな色彩と重厚な柱の黒のコントラストがさらに美しいです…!

玄武は他の聖獣と比べ聞き慣れない感じもしますが、蛇のように長い首をもつ亀のこと。子孫の繁栄をもたらす門なのだそうです。

1ページ 2ページ
目次に戻る