4つの聖獣が宿る神秘の門-中華街を守る10基のシンボル「牌楼」

夏休みが到来し、関内には今年もたくさんの観光客が訪れているようです。関内を代表する観光地である中華街も、いつも以上に活気づくシーズンとなりました!

今回はそんな中華街のシンボルともいえる10基の門「牌楼」にスポットを当て、小紙きっての“カメラ小僧”大谷デスクによる写真と共にご紹介してまいります。

まずは中華街の外周にあたる4基。関内ツウのかたには言わずとしれた、東の「朝陽門」、南の「朱雀門」、西の「延平門」、北の「玄武門」です。

この4基は、横浜中華街発展会協同組合の理事長(当時。2012年に退任)であった萬珍楼社長の林兼正さんが、中国文化を発信するツールとしして、中国人の暮らしに根付いている「風水」を活用できないかと考えて生まれたものなのだそうです。林兼正さんの著書「横浜中華街 街づくりはたたかいだ」(発行:神奈川新聞社)の一節にこうあります。

華人の建築士の知恵も借りて思いついたのが、中華街の東南西北に、風水思想でそれぞれの方角を表す色と神獣を配した門を設けて街を守るとともに、中国の伝統文化を紹介し、観光資源として活用することでした。

風水思想のベースとなっている五行説では、それぞれの方角を表す色と聖獣が決められています。東は「青」、「青龍」。南は「朱(赤)」、「朱雀」。西は「白」、「白虎」、北は「玄(黒)」、玄武です。東南西北を守る4基の門を改めて見てみると、その豪華絢爛な姿にはこれらがモチーフとしてしっかりととり入れられています。

東の「朝陽門」は、10基の中で最も大きな門です。

中華街の門ってどれもカラフルなので、実をあまり気にしたことがなかったのですが…確かにしっかり「青」の門ですね。

そして「朝陽門」の文字の下には東を守る聖獣である「青龍」がずらり。日の出を迎える門ではありますが、夜の姿も厳かで猛々しい雰囲気を醸し出しています。

こちらは南の「朱雀門」。夜の空に朱色が映えてうっとり…!「朱雀門」の文字の下や、その両側に、あでやかに羽を広げた朱雀の姿が見られます。

その表情はまさに「守り神」。厄災をはらい、大いなる福を招いてくれます。

西の「延平門」は、白の柱に白虎の姿。

柱のてっぺんや見上げた部分に、勇ましい白虎の彫刻があしらわれているのがわかります。平和と平安のやすらぎが末永く続くことを願う門です。

北の「玄武門」ですが…あれ?黒くない…?と、思いきや柱の部分がしっかり黒。

夜になると、鮮やかな色彩と重厚な柱の黒のコントラストがさらに美しいです…!

玄武は他の聖獣と比べ聞き慣れない感じもしますが、蛇のように長い首をもつ亀のこと。子孫の繁栄をもたらす門なのだそうです。


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事夏の吉田町本通りに注目!「吉田まちじゅうビアガーデン」見聞録

次の記事見どころ満載、海から見た関内・象の鼻エリアの夏休み自由研究!

関連記事


近日のイベント

4月
29
11:00 AM Handmade Market@cafe/dinningPLUS+
Handmade Market@cafe/dinningPLUS+
4月 29 @ 11:00 AM
Handmade Market@cafe/dinningPLUS+ @ cafe/dinning PLUS | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
イベント詳細 開催日:2017年4月29日(土) 場所:cafe/dinning PLUS(横浜市中区蓬莱町3-107-1 モナーク関内大通り公園前1F) 出店:Palm trees/SHinetieees Glitter/Rosetime/アミュレット/ハンドヴェルカー
5月
16
7:00 PM 四角いピザ ライブパーティー@Bar...
四角いピザ ライブパーティー@Bar...
5月 16 @ 7:00 PM
四角いピザ ライブパーティー@Bar NORGE @ Bar NORGE | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
イベント詳細 開催日:2017年5月16日(火) 場所:Bar NORGE(横浜市中区山下町217番地) バンド:ボーカル:Maria Fanouraki/キーボード:岩本 整/バイオリン:土屋 涼 Live:19:30〜19:50/20:30〜20:50/21:30〜21:50 主催者コメント BAR本牧イタリアンガーデン(IG)が提供し続けてきた四角ピザに、様々な店舗の個性を加え、皆様に楽しんでいただく企画がついにIGオーナー八木さんの発案により始まりました。 NORGEでは四角ピザに、ノルウェー産のチーズやサーモンを加え、提供させていただきます。 その記念に、本牧が産んだミュージシャン マリアさんをお招きして、5月16日(火)に本牧四角ピザNORGE販売記念ライブパーティーを行います。 中華街NORGEで、マリアさんの歌声と美味しい四角ピザとお酒を、皆で楽しみましょう。 関連記事 IG(イタリアンガーデン)で初めて本牧の夜を満喫してきた(本牧新聞)
5月
27
12:00 PM 日本酒交流会 福祝の会@地酒や文次郎
日本酒交流会 福祝の会@地酒や文次郎
5月 27 @ 12:00 PM – 3:00 PM
日本酒交流会 福祝の会@地酒や文次郎 @ 地酒や文次郎 | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
イベント詳細 開催日:2017年5月27日(土) 場所:地酒や 文次郎(横浜市中区尾上町3-40 第二柳下ビル1階) 時間:12:00~15:00(11:30 Open) 会費:4,500円 定員:30名様 主催者コメント ― 「国酒」日本酒をもっと身近に!もっと楽しく!! そんな思いから、実際に日本酒を造る蔵人のお話を聞きながら楽しい時間を共有できるよう、月に一度の蔵元交流会を開催しています。 第四十五回は、千葉県君津市「藤平酒造」より藤平淳三さんをお迎えします。 創業1716年、古くから城下町として栄えた千葉県久留里(くるり)の町は「久留里の名水」が湧き出る地域として知られています。 明治時代に伝わっていた上総掘りという井戸掘り技術を使って深さ数百メートルの井戸が掘られ清く湧き出る名水は、昔から現在に至るまで人々の生活の源として欠かすことのできないものになっています。 この名水をもとに福祝は醸されています。 参加ご希望の方は、電話にて申し込みください。 ※当会は前売制につき、キャンセルはお受けかねます。予めご了承下さい。 関連記事 【北雪】日本酒の会では美味しいお酒が存分に味わえるジャン! 【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎! まるでフレンチ!?想像を超えた一皿が登場するおでん屋「文次郎」
ページ上部へ戻る