2015年11月24日

【待望】弁天通りに登場!拉麺 弁tenの特製醤油らーめんに舌鼓!

森本 康司 森本 康司

平日ランチ族に待望のラーメン店が、弁天通りに新規オープン。相生町のお好み焼の「漢の鉄板」がプロデュースする「拉麺 弁ten」は、関内にラーメンブームを巻き起こせるか?飲んだ後の〆にも嬉しい深夜営業もあり、待ってましたと関内ピープルを唸らせる。

ラーメン愛好家だけでなくても、ちょっと小腹を満たすのに、スッとランチを済ませるのに、飲んだ後の〆の一杯に汁物を!、という方に嬉しいお店が弁天通3丁目に新規オープンしました。

その名も「拉麺 弁ten」。

相生町にあるお好み焼きのお店「漢の鉄板」がプロデュースしてできたラーメン店です。

ラーメン弁tenの外観 title=

関内大通りから来ると弁天通りの入口に位置する好立地。路面店だけに見落とすことは無い場所です。ラーメン屋さんらしからぬお洒落な外観と、広く綺麗な店内でゆったりした気分でラーメンを食べることができそうです。

早速調査!

ということで店内にお邪魔します。

券売機で事前に食券を購入するオーダースタイル。ラインナップは、醤油・塩・鶏白湯の3種類。チャーシュー・ワンタン・味玉のトッピングでを選ぶことができます。

価格はラーメン1杯が750円と、リーズナブルな設定でお財布にも嬉しいですね。

せっかくなので券売機の一番上に大きなボタンで自信が伺える「特製らーめん」をいただいてみました。

そのお店の一番推しを食べるために、一番左にあるボタンを押すようにしているこの頃。このお店でもきっと「特製 醤油らーめん」がイチ推しだろうと、まずは醤油ラーメンを頂きます。


特製 醤油らーめん

特製 醤油らーめん

特製 塩らーめん

特製 塩らーめん



こってりギトギトの家系が多い横浜にあって、こちらのお店のスープはあっさり系の仕上げ。ランチでも飲んだ後の〆にも最適な感じがしました。

特製らーめんは、チャーシュー、味玉、ワンタンがトッピングされている、いわゆる全部のせラーメンというやつでした。

とろーり半熟の味玉もスープによく合いますし、少し厚めに切られたチャーシューも主張し過ぎず麺とよく合います。口休めというか、舌休めに嬉しいツルッとした舌触りのワンタンも入ってて、飽きさせずに最後まで一気に食べほせる一杯。

麺はストレートでモチモチした食感で、スープとの相性を良く考えて選ばれていました。

せっかくなので、特製塩らーめんも頂きましたが、更にあっさり感が高まる一杯でした。

ランチに醤油、飲んだ帰りに塩と、組み合わせでは一日に2回も楽しませてくれそうな拉麺 弁tenの特製らーめん。今度は鶏白湯を頂きに、お邪魔したいと思っています。

関内愛好家の皆様、お早めにお試しくださいね。

ショップデータ

拉麺 弁ten
  • 横浜市中区弁天通3-48
    弁三ビル1F
  • TEL:
  • 営業時間:
    月~金 11:00~15:00/17:00~23:00
    土 17:00~3:00
  • 定休日:日・祝日

※ 投稿日現在の情報です。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る