ラタトゥイユのフランス料理教室―レストランの味が食卓に乗る!

ラタトゥイユ料理教室の看板メニュー

フランス料理はレストランでしか…。

そのように感じていらっしゃる方が、ほとんどではないでしょうか?

少しお洒落に、少し贅沢に。そして大切な時間に、大切な人と…。

 
でも、それが家の食卓に出すことができたら!

一度ぐらいは、そう考えたことがあるのではないでしょうか?

 
そして、それを叶える一番の近道が合ったのです。

しかも!!この関内に!!

 

おそうざいフランス料理教室

そんな情報を入手し、完全予約制で月に3~4回開催されているというレストラン ラタトゥイユの料理教室にお邪魔しました。

ラタトゥイユの外観

お邪魔したのは、平日のお昼12時。お腹は完璧に空いた状態です。

ラタトゥイユの扉

お料理教室が開かれる日以外は、この時間はランチ営業を行っているお店ですが、この日は教室のため通常営業はお休み。

ただ、事前に予約をしているのため、ここは躊躇わずに扉を開けて中に入っていきます。

ラタトゥイユの恩田シェフ①

開始時間ちょうどにお邪魔したこともあり、到着後すぐに教室が開始されました。数名の参加者に混じり、講義を受けます。

教室でお料理を教えてくれるのは、このレストラン ラタトゥイユのオーナーシェフの恩田 健司さん。

恩田 健司 氏 プロフィール
  • 1961年:
    横須賀に生まれる
  • 1981年:
    調理師学校卒業後、横浜元町霧笛楼オープンと同時に入社
    ホテルホリデーインヨコハマ(現ローズホテル)
    葉山ラ・マーレド・チャヤなどで修業
  • 1989年:渡仏。
    ル・グレナデン パリ(オードヴルシェフ)
    アレクサンドル 南仏(スーシェフ)
    ル・レカミエ パリ(パテシェ)
  • 1991年:帰国。
    神田ブラッスリーりゅう、逗子マリーナ セゾンなどでシェフを務める
  • 1998年:
    横浜元町にレストラン ラタトゥイユ独立開業
  • 2006年:
    関内に移転リニューアルオープン
ラタトゥイユの恩田シェフ②



このお料理教室では、通常2品のお料理を恩田シェフが1時間かけてデモンストレーションしてくれます。そして、この日のお料理のレシピと調理方法が細かく紹介されているテキストを受け取り、講習がスタートです。

ラタトゥイユ料理教室のテキスト

この日のテーマは、「白ワインに合わせて」。そして教えてくれるお料理は、ポッシェした海の幸のジュレ若鶏のフリカッセ 胡瓜のグラッセ添えの二品です。


ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20141104taku_eye【体感】たくさんのお料理が幸せに感じさせる洋食のtaku.で過ごす

次の記事20141108kj045bag_eye横濱帆布鞄「045」の編集長使用モデルがレコメンドモデルになる

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る