クラフトビールとBarメシで女子もまったり楽しめるSYNCHRONICITY

イセザキ・モール近くに、女子にもオススメのCafe&Barがあるというウワサを聞きつけ、早速取材に行ってまいりました!

…え?ウワサの出どころはどこかって?

くやしいですが今回も編集長ですよ。

なぜそんな女子が好きそうなお店の情報まで、編集長の引き出しに入っているのかモヤッとするところはありますが…とりあえずそんなことはさておき、お店へGO!

見えてきましたSYNCHRONICITY(シンクロニシティー)の看板が。

どうやらここのようです!

シンクロニシティの看板

外観がキュート♪♪

なんでしょう、このアメリカンなかわいさ。

シンクロニシティの外観

パッと見、日本の横浜の伊勢佐木町というより、Isezaki, Yokohama, JAPANって感じです。

ドアのクリスマス装飾にもワクワクしちゃいます。女子はこういうところで早速テンション上がっちゃうんですよね。

シンクロニシティのドア

そんなかわいらしさの一方、お店の名前についている「Craft Beer」の冠が物語っているように、こだわりのビールも飲めるようです…期待は高まるばかり!

シンクロニシティのA看板

ビールのイラストを見ていましたら喉が渇いてきました。パブロフの犬状態になってしまったので、早速入店します!

店主の深町圭一さんです。お店にピッタリの雰囲気と空気感で心が和みます。

シンクロニシティの深町さん

明るい店内には、バーカウンターと、ゆっくりビールとお料理を楽しめそうなテーブル席が。常連さんもくつろいでいらっしゃるようです。

シンクロニシティのカウンター席シンクロニシティのテーブル席
壁には6種類の「本日のクラフトビール」。

シンクロニシティのビールメニュー

ビールはサイズが選べるのもうれしいですね。

シンクロニシティの

そしてお店に入ってすぐの場所で存在感を放つビールサーバー。なるほど、ここから「本日のクラフトビール」たちが注がれるということでしょう。ビール好きの筆者はウズウズして我慢できません…!

シンクロニシティのビールサーバー

夏の暑さで喉が渇けば、冬は乾燥で喉が渇くってもんです。というわけで早速一杯目をいただきます♪

シンクロニシティのビールサーバー②

深町さんがていねいに注いでくださったこちらは、アウトサイダーブルーイング(山梨)のオーストラリアンIPA。

シンクロニシティのアウトサイダーブルーイング

待ち焦がれた一杯目……最高です。

冬のビールも、いいですよねえ。ホップの香りと、後に残る苦味がたまりません。


お店詳細


ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事torinoichi_eye迫力満点の巨大熊手も!商売繁盛を願うお祭り「酉の市」レポート

次の記事NIH_eyeバーテンダーがマイクを握る店!? 本格的なカクテルも味わえるNIH

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る