2015年4月27日

【絶叫】串カツの本場関西人も絶賛する「揚屋鈴」ではしゃぎ回る

ページ数(2/4)
森本 康司 森本 康司

さぁて、

準備は整った。

後は彼らが迷わずこの店に足を向けてくれるのを待つばかり。

揚屋鈴でサッポロ

これからの戦闘…、いや一人で串カツをつまみながら、のんびりと飲みたい気分を仕事モードにどっぷりと浸らせるために、面々が顔を見せる前に先にガソリンという名のアルコールを補給しておこう…。




乾杯~♪

揚屋鈴で乾杯

おおっ…、と

何の挨拶もなく、始まってしまうのが関西流というモノだろうか?それとも、この絶妙な店選びに既に満足してくれたから、早く食べさせろと言わんばかりに始めてくれたのだろうか…。

まぁ、そんな些細なことを気にしないという点が、情に厚い関西気質ないいところというやつか。

揚屋鈴のサラダ

おぃおぃ…。

と、ツッコミを入れたくなるように、運ばれてきたサラダの上ではビジネスライクなお作法が始まるってか。

何にしても、この店を選んだことで、ツカミはOKだったということだろう。

後は仕事を抜きにして、この店の宴会メニューを楽しんでくれれば良いさ。

揚屋鈴の厚あげ

普段は厳しい交渉をしてくるあの偉いさんも、この店特製の厚あげを食べながら、満足そうな顔をしているじゃないか…。

揚屋鈴のすじ煮

こちらでは…。

いつもはクールな素振りで電話応対をしてくれる、女性社員さんが「すじ煮」に挑戦ってわけか…。

そいつは、関西風に透き通る出汁で筋が柔らかくなるまで煮られた絶品さ。


お店詳細

目次に戻る