2015年7月1日

【正夢】酔い締めに食べる大将の寿司で、正しく〆る一夜の遊覧。

ページ数(6/7)
森本 康司 森本 康司

sushihiro_001

 

パクっ

 

なんと、こっちはしょうゆ漬けになっているのか。プチッとした食感にかぶせてくる丁寧な仕事…、いや心配りってところだろうか。食べなれているはずのネタが、この大将の腕にかかると、初めて食べるネタに早変わりだ。

sushihiro_001

アナゴと玉子

sushihiro_001

 

パクっ

 

ほっほぉ~。コイツもか…

毎度口にしているアナゴとは違うぞ。何とも香ばしく薫り高いアナゴ。そいつはまるでコイツ自身がただモンではないと名乗っているような味。

sushihiro_001

ぐいぐいと押し寄せてくる歓喜の波に飲まれてしまいそうになる。

ガリを挟んで、高揚を沈めてやらんとな…

sushihiro_001

 

パクっ

 

コイツでお任せ握りも最後か…

や、柔らかい。玉子本来の甘味が良い感じで香る絶妙の味。

sushihiro_001

 
ふぅう~

乾杯…、いや完敗だ。

お店詳細

目次に戻る