2015年7月1日

【正夢】酔い締めに食べる大将の寿司で、正しく〆る一夜の遊覧。

ページ数(3/7)
森本 康司 森本 康司

おまかせ握りを一人前…

sushihiro_001

本当に贅沢だな…

散々っぱら飲み歩いた夜の〆。それがこんなにしつらえの良いカウンターに座り、目の前に大将の華麗な仕事っぷりを見ながら寿しをつまめるとは…

sushihiro_001

きじはた

ほー。「きじはた」とな…

普段は回る回るで見ただけでパクッといってしまうところばかりだったから、一貫一貫の魚を知ったうえで食べるのも嬉しいもんだな。

それにしても、このきじはた。しっかりした弾力があり、程よく引き締まった甘みも感じる。何ともビールに合う美味さじゃないか。

sushihiro_001

んん?

随分と厚みのあるネタ。程よいピンクかかった身に、何やら可愛いものが鎮座している。

ネタが何だかわからないけど、この見た目にのんびりとは構えてられんな…

 

パクっ

 

何とも弾力のある歯ごたえ。それに上に乗っていた物体が口の中で良いアクセントを付けてくれる。

sushihiro_001

大将:
それは「かさご」だね。上に乗ってるのが肝。

お客さん、かさごの頭って見たことあるかい?

sushihiro_001

大将:
ほら、これがかさごの頭だよ。

 
へぇぇぇ
 

何とも優しそうな顔をしているじゃないか。

職人気質(かたぎ)のムッとした顔を想像していたが、繊細な寿しを握る優しい大将。わざわざ見せてくれたカサゴの頭に目が向くことなく、気になったのはそっちの方。

お店詳細

目次に戻る