関内にカクテルの花が咲いた日~第2回「カクテル・ショウ」開催

11月3日文化の日、横浜メディア・ビジネスセンターにて、第2回カクテル・ショウが開催されました。

こちらのイベントは、知る人ぞ知る「関内新聞」編集長によるプロデュース!

編集長の日頃の飲み歩きの成果が、まさかこんな素敵な形で関内の街を彩るなんて…、と感動せずにはいられない夢のひと時。

バーテンダー

一流のバーテンダーが横浜・関内に集結」のキャッチフレーズの通り、豪華な顔ぶれによる豪華な共演。まだまだカクテル初心者の筆者も、その雰囲気とカクテルの味を存分に楽しませていただきました。

 
開場とともに、出場バーテンダーさんたちがウェルカムドリンクを振る舞います。これもなかなか目にかかれない光景です。

ウェルカムドリンク

続々とお客さんが来場。

会場の様子

先に言ってしまいますが、もう、本当に、大盛況でした!

カクテルショウ会場

「カクテル・ショウ」では、9人のバーテンダーさんが代わる代わる登壇してカクテルを作るという、まさにショー。さらに各バーテンダーさんのブースでは、ワンコインで本格的なカクテルをいただけます。

 
参加された9名のバーテンダーさんをご紹介。

Bar Brilliant(バー ブリリアント)の田村誠さん

田村さん②

Cocktail Bar Nemanja(カクテルバー ネマニャ)の北條智之さん

北條さん②

LE BAR Sur’e T(ル バー シュールティー)の井田達也さん

井田さん②

Bar Day Cocktail(バー デイカクテル)の佐藤健太郎さん

佐藤さん②

bar ALC(バー エーエルシー)の小作智也さん

小作さん②

Bar Merry Widow(バー メリー・ウィドウ)の関谷茂人さん

関谷さん②

The Bar CASABLANCA(バー カサブランカ)の山本悌地さん

山本さん②

Sing&Bar NIH(シング&バー ニィー)の中村英吾さん

中村さん

Black Velvet(ブラック ベルベット)の荘加顕治さん

荘加さん②
※この絶妙な表情は、「こぼしたとこ撮られちゃったよ」というシーンだからです(笑)。

 
どのブースの写真もなんだか変な角度から撮っているのですが、つまり、そのくらい各ブースがお客さんでごった返しておりまして…「全然目の前で撮れない!」という具合。それほどに各ブース、盛況でした!


ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事festa2_eye第2回関内フード&ハイカラフェスタで街が盛り上がった文化の日

次の記事doushimura_eye横浜の水源・道志村を考える~飲食店経営者が中心となった横浜会

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る