2016年7月27日

【愛情】チューリップ畑の様に並ぶ多彩なワインが咲き誇るカフス

ページ数(1/3)
森本 康司 森本 康司

賑やかな弁天通にひっそりとオープンしたワインカフス。誰にも教えたくない愛情たっぷりなこのお店の楽しみは、まるでチューリップ畑の様に様々なワインを並べて料理とのマリアージュ。早い時間からの一人飲みにも最高なこのお店は愛情で溢れかえる。

この店は、誰にも教えたくない…

出来る事なら、自分だけの秘密の隠れ家にしておきたい。雑音の多い俗世から離れ、心穏やかな自分自身に戻れる場所として、誰にも知られない場所として大切にしまっておきたい。

カフスでワイン三昧

信じていた何かに心を折られた時、目に映るものが幻だと知った時、フゥっと胸のざわつきを安らかに鎮められる場所となる大切なお店。

それがココなのだ。

ワイン カフス

ランチにデミが嬉しい煮込みハンバーグを食べた店や、筆も誤らない弘法大師を思わせてくれた店のある弁天通り

この通りで時を過ごすことが増えた大きな理由の一つに、この店の存在があった。

関内大通りから弁天通りに入ってすぐにある飲食ビルの3階。賑やかすぎるそのビルの佇まいから想像し難いが、安らぎをくれるこの店は間違いなくココにある。

カフスの玄関カフスのアプローチ
何人も寄せ付けまいとしているわけではない扉を開ければ、その先には完璧なまでに安らぎを守ろうとしている素敵な空間に身を任せることができる。

カフスの廊下カフスの店内
この店の存在を知ったのは、オープン間もない春先のこと。赤に白、そしてピンク。色鮮やかなチューリップが咲き誇っていた季節だ。

カフスで3種のワイン

色の違うワインが注がれたワイングラス。それらがまるで春先に見たチューリップの様にも感じられるほど、心が穏やかになれるのがココ。

カフスの店内②カフスの店内③
弁天通りでは珍しく、まだ明るい時間からやっているこの店にはいつも助けられる。

嬉しいことがあったときに浸る余韻。何かにぶつかり騒めく心を鎮めるとき。

カフスのカウンター

素敵に時間が流れ始めた今年の春から、どんな心の波もこのカウンターで流れを起こしている。

まずは喉を潤すビール。

カフスでビール①カフスでビール②
ビールまでも香りを楽しませてくれるのが、この店の嬉しすぎる計らい。自らで決めたブランドのビールしか飲まないと分かっていても、グラスが変わるだけで全く新しいビールにすら感じさせてくれる。

数種類あるこの店のビールのラインナップ。

その一つ一つに合わせたグラスを選び供される。たかがビールと言わんとすることが多い中、されどビールとしてやるこの店のスタンスには感動させられっぱなし。

そして極め付けがこれ。

カフスのプレッツェル

ビールとともに出された小さなスナックがお通しだと思わされるが、本当のお通しは焼き立てのこのプレッツェル

一人ひとりの来店ごとに、時間をかけて焼き上げてくれるプレッツェルに何度となく涙させられたことか。

悔しかったあの時も、腹立たしく思ったその時も、どんな心のざわつきも鎮めてくれる温かさと程よい甘さ。

カフスで生ハム①カフスで生ハム②
そしていつもビールと、このプレッツェルに合わせたいのが、カウンターに座れば嫌でも目に入ってくる存在感のイベリコ豚の生ハム。

繊細に切り分け、丁寧に肉を削ぎ、並べてくれる。

お店詳細

目次に戻る