バーテンダーがマイクを握る店!? 本格的なカクテルも味わえるNIH

「関内新聞のライターならカクテルを知らなきゃ話にならん」

というのが、最近の編集長の口癖です。

そんなカクテル初心者の私のために、編集長がバーに誘ってくださいました。

まあ、原稿書くのは私なんですけどね…

伺ったのはこちらです、Sing&Bar NIH(シング&バー ニー)。

NIHの外看板

そう、バーといえばいつも立ちはだかるのが、この中が見えないドア…

NIHの扉

初めてだと、このドアを開けるのにはなかなかの勇気が必要なものです。

でも、ドアの向こうに待っているのはいつも、優しいバーテンダーさんと優しい常連さんばかり。何も恐れることはないんですよね、本当に。カクテル初心者の私が数度のバー経験を積み学んだことです。

NIHも、大人な雰囲気が漂う店構えですが、とっても気軽に入れるのでご安心ください。

 
ほら、中はこんなに素敵です!

NIHの中村さん①

 
…。
 

おっと…私としたことが、出す写真間違えました。

この写真は記事のクライマックスでお見せするはずの、“Sing&Bar”の神髄だったのですが…。まあ。いっか、出しちゃったし。

これは何の写真なのかって?それは後ろの方で出てきますのでお待ちくださいませ。

本来まず出そうと思っていたのはこちらの写真でした。

やっぱりお店の全体像からお見せすべきですよね、いけないいけない。

NIHの店内

店内にはバーカウンターとソファー席。

NIHのソファー席

入り口にはボトルがずらりと並びます。

NIHのボトルNIHのボトル②
こちらがSing&Bar NIHのバーテンダー中村英吾さんです。

NIHの中村さん②

関内新聞のコアなファンの方や、関内・関外のバーがお好きな方ならご存じかもしれません。

11月3日に行われたのカクテル・ショウにも登場された、知る人ぞ知るバーテンダーさんです。

もとは中華街Bar NORGEにいらっしゃった中村さん。今年の10月に、お母様が経営されているお店をSing&Bar NIHとしてリニューアルオープンされました。

お店詳細


ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事SYNCHRONICITY_eyeクラフトビールとBarメシで女子もまったり楽しめるSYNCHRONICITY

次の記事countdown_eye新年明けましておめでとう!汽笛の音で始まった2016年もヨロシク

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る