2015年12月25日

バーテンダーがマイクを握る店!? 本格的なカクテルも味わえるNIH

ページ数(1/4)
岸野 ちほ 岸野 ちほ

歌えるお店で本格的なカクテルをいただけるらしい!?しかもバーテンダーさんがマイクを握るらしい!?編集長に連れられやってきたそのお店は、カクテル・ショウでもおなじみの中村さんが本格的なカクテルを振る舞ってくださる、まさにSing&Barでした

「関内新聞のライターならカクテルを知らなきゃ話にならん」

というのが、最近の編集長の口癖です。

そんなカクテル初心者の私のために、編集長がバーに誘ってくださいました。

まあ、原稿書くのは私なんですけどね…

伺ったのはこちらです、Sing&Bar NIH(シング&バー ニー)。

NIHの外看板

そう、バーといえばいつも立ちはだかるのが、この中が見えないドア…

NIHの扉

初めてだと、このドアを開けるのにはなかなかの勇気が必要なものです。

でも、ドアの向こうに待っているのはいつも、優しいバーテンダーさんと優しい常連さんばかり。何も恐れることはないんですよね、本当に。カクテル初心者の私が数度のバー経験を積み学んだことです。

NIHも、大人な雰囲気が漂う店構えですが、とっても気軽に入れるのでご安心ください。

 
ほら、中はこんなに素敵です!

NIHの中村さん①

 
…。
 

おっと…私としたことが、出す写真間違えました。

この写真は記事のクライマックスでお見せするはずの、“Sing&Bar”の神髄だったのですが…。まあ。いっか、出しちゃったし。

これは何の写真なのかって?それは後ろの方で出てきますのでお待ちくださいませ。

本来まず出そうと思っていたのはこちらの写真でした。

やっぱりお店の全体像からお見せすべきですよね、いけないいけない。

NIHの店内

店内にはバーカウンターとソファー席。

NIHのソファー席

入り口にはボトルがずらりと並びます。

NIHのボトルNIHのボトル②
こちらがSing&Bar NIHのバーテンダー中村英吾さんです。

NIHの中村さん②

関内新聞のコアなファンの方や、関内・関外のバーがお好きな方ならご存じかもしれません。

11月3日に行われたのカクテル・ショウにも登場された、知る人ぞ知るバーテンダーさんです。

もとは中華街Bar NORGEにいらっしゃった中村さん。今年の10月に、お母様が経営されているお店をSing&Bar NIHとしてリニューアルオープンされました。

お店詳細

目次に戻る