2013年12月16日

【快挙】中華街の老舗BAR「ケーブルカー」に潜入したジャン!

ページ数(5/5)
森本 康司 森本 康司

関内新聞
ふぅ~。おなかいっぱい!
じゃ、2軒目いこうか?

パクパク隊
・・・。

関内新聞
んじゃ、横浜らしいカクテルを頼んでみようか?

 
すみません!
 

関内新聞
なんか、横浜らしくて、甘くて、見た目の派手なカクテルお願いします!

バーテンさん
え?見た目の派手な??

関内新聞
はい!見た目の派手な感じで!
実は私、関内新聞っていうWebサイトをやってまして。そこでこのお店を紹介したいんですけど…。(恐る恐る)

バーテンさん
あ、そうなんですか。
こちらにはよくお客様がFacebookとかにアップしてくださるし、別に構いませんよ!

 
マリンタワー
マリンタワー

確かにこれは見た目が派手なカクテル。長く背の高い、しかも足の細いグラスに鮮やかな赤。
これもこのお店オリジナルの「マリンタワー」。

バーテンさん
こちらは当店のオーナーが考えたマリンタワーというカクテルです。マリンタワーといっても、少し前のマリンタワーになりますけどね。今は、もう赤じゃなくなってしまったので…。

 
 
それにしても、おしゃれなカクテル。
横浜のシンボルともいえるマリンタワーをイメージしたカクテルなんて、さすが老舗のBarだけのことはありますね。

バーボンお代わり!
ROWAN's CREEK

もう一杯!
KNOB CREEK

気が付くとお店に入ってから、1時間半が経過しようとしていることに気が付く。4時半に入店したから、間もなく6時になろうとしている。ということは、Happy Hour が終わる時間…。

そこですかさず、立て続けにバーボンを2杯いただき、この取材は終わりを迎えることになりました。だって、そろそろ酔いが回ってきて、取材どころか帰ることすら危うくなりそう…。

そろそろ、お暇いたします。

これ以上いると、お酒が回って、せっかくの取材が台無しになりますから…。

それにしても、よく飲んだなぁ。ごちそうさまです。

お見送りシーン

Barといえば2軒目に一人で静かにバーボン。そんなイメージを持っていた関内新聞でしたが、ケーブルカーさんのHappy Hourを楽しむのもいいかなと感じました。

自家製のお料理もおいしいし、それに何より、土日祝は3時半からOPEN。そして6時まではHappy Hourでお得に飲める。

皆さんもケーブルカーさんのHappy Hourで早い時間から酔っぱらってみてはいかがですか?

 

ショップデータ

ケーブルカー
  • 横浜市中区山下町200
  • TEL:045-662-5303
  • WEB:www.cablecar.co.jp
  • 営業時間:
    月~金 17:30~翌2:00
    土 15:30~翌2:00
    日・祝 15:30~0:00
  • 定休日:無休

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る