2013年12月17日

【発見】コスパ!ココット料理「KATIA」女子ウケするジャン!

ページ数(4/10)
森本 康司 森本 康司

関内新聞
えっと、一応、記事も書かなきゃならないんで…。

 
と、そんな会話は耳にも入らず、松本シェフがキッチンで次の料理をやっているので、一口二口、パテ・ド・カンパーニュを口にして、キッチンの方に目をやると…。

何やら黒い物体が!

 

でた!これぞストウブココットか?

ブイヤベース1

パテ・ド・カンパーニュを準備している松本シェフをファインダー越しに追いかけながら、ピントがずれるのも構うことなく、目が気になっていたのは、キッチンの奥におとなしく鎮座していた黒い物体。

きっとあれこそが、ここの看板料理、ストウブココット料理なんだろう。

そう思って、これからどんな料理が始まるのかと思いきや…

 

もくもくと準備をしていた松本シェフが黒い物体をもってくる

ブイヤベース2

ここで、関内新聞と同世代の人なら、きっと頭の奥で唱えるはず呪文が…。

関内新聞こころの声
何が出るかな?何が出るかな♪何が出るかな??チャチャチャちゃん♪

でた!?ガラガラがっしゃん!閉店店じまい(笑

ブイヤベース3

黒い物体のふたが開けられると、そこにはエビや貝がぎっしり!

うわぁ!魚介類の玉手箱やぁ~

ブイヤベース4

そして鍋の中をのぞき込んで、さらに一言…。

地獄の赤温泉で、

シンクロナイズドスイミングしてるぅ~(笑

と、有名なグルメレポーターのような反応をしてみる。

 

いざ実食!

ブイヤベース5

これが、KATIAがお店の看板にもうたう、ストウブココット料理の一つ。

ブイヤベース(1,800円)

お店詳細

目次に戻る