2013年12月17日

【発見】コスパ!ココット料理「KATIA」女子ウケするジャン!

ページ数(2/10)
森本 康司 森本 康司

取材を開始するジャン!

松本シェフ1

あっ!どうも。いらっしゃい!!

今日はよろしくお願しますね…。

と、軽く言葉を発したかと思うと、すぐにキッチンに入って行ったのは、KATIAの松本シェフ。

松本シェフ2

関内新聞
じゃ、そろそろ取材を始めてもいいですか?

松本シェフ
あ、よろしくお願いします。

関内新聞
こちらこそ、よろしくお願いします。

松本シェフ
じゃぁ、お料理作っちゃってもいいですかね?

関内新聞
え?いきなりですね…。
その前に、ちょっといろいろと準備がありまして。
だって、まだカメラの準備もできてないんですけどね…。

松本シェフ3

ま、ちょっと座っててください。

と言って、松本シェフはこちらの段取りなどお構いなしに、キッチンに入り何やら茶色い物体を切り始めるのです。

関内新聞
このお店はココット料理のお店。フランス料理って書いてますけど、今日はどんなお料理を食べさせてくれるんですか?

松本シェフ
まずはパテ・ド・カンパーニュですね。

 

と言って、黙々と準備をする松本シェフ

松本シェフ4

パテ・ド・カンパーニュといえば、ワインにも合うし、女性にもウケること間違いなしの料理。

それに加えて、少しのウンチクが語れれば、デートのツカミはOKな一品。

そう感じて40年近く生きてきている関内新聞は、すかさず松本シェフに質問を投げる。

 

パテ・ド・カンパーニュって、どうやって作るんですか?

お店詳細

目次に戻る