2014年3月25日

【秘密】夜空に浮ぶ隠れぬ隠れ家は天駆ける馬「TheBarTenmar」

ページ数(3/7)
森本 康司 森本 康司

階段④

3-6

なんだ?この数字は?

この建物の番地か何かだろうか…。

何にしても「3」と「6」は好きな数字だ。ますます好みの店だな。

意味の分からない数字を気にしている暇はない。

 
どんなだ?
どんなBarなんだ?

店内①

やっぱりだ。

 

雰囲気抜群じゃないか!

店内③

屋上に上がると、そこはまるでウッドデッキの世界。

さながら木で出来たお洒落な船の中のようだ。

店内②

木の壁に太い丸太の柱。

夜空の黒と対照的な温もりあるランプの灯り。

 
今日は嗅覚が冴えていた
 

落ち着いた雰囲気のBar。

そんな店ならいくらでもあるが、アイツから課題を与えられた夜だ。

普通のBarではない、120点の回答が必要だったが、
どうやらそれは軽くクリアできただろう。

カウンター①

ゆっくり寛げるBarだよな?

そう確認しながらカウンターに腰を下ろす。

お店詳細

目次に戻る