2014年7月16日

“象推し”スイーツとアート~人をつなぐ交流の場「象の鼻テラス」

ページ数(2/2)
田村 里佳 田村 里佳

他にもテラス内にはアート作品が多数展示されていました。中でもひときわ目を引いたのは、巨大な象のオブジェ。象の鼻テラスのシンボルで名前は「ペリー」。入口で見かけた小さな象は「ペリコ」。

ペリーの子どもらしいのですが、似ても似つかないと思うのはわたしだけでしょうか?

象

アートと言われると一歩身構えてしまいます。けれど、ここ「象の鼻テラス」は日常とアートが共存していて、堅苦しくなく、アートを楽しめる雰囲気がありました。

カフェ内観

アートや音楽のイベント、ワークショップを随時実施している「象の鼻テラス」。8月には大きなアートイベントがあるそうです。「『ヨコハマトリエンナーレ』開催に合わせて、『ヨコハマ・パラトリエンナーレ』を開催します。

一般の方も参加して一緒に作ることができる作品もあるので、ぜひ気軽に立ち寄ってみてください」と大越さん。

商品

「象の鼻テラス」がさまざまな人や文化が出会い、つながり、新たな文化を生む場所になることを目指し、テラスを運営しているそうです。

テラス内は無料wifiを完備。ガラス越しに赤レンガや大さん橋を眺めながらひと仕事、なんてこともできちゃいます。しかも、テラス屋上はなんと芝生!おもいっきり休憩したい人にはうってつけのゴロゴロゾーンです。

“象推し”に惹かれて入った「象の鼻テラス」、お気に入りの場所になりそうです。

外観

Photo:Katsuhiro Ichikawa

象の鼻テラス

アクセス
  • 横浜市中区海岸通1丁目
  • TEL:045-661-0602
  • 入場:無料
  • 営業時間:10:00~18:00
    ※開館日時は都合により変更する場合あり。
  • 年中無休(年末年始を除く)
1ページ 2ページ

この記事の著者

田村 里佳

田村 里佳

1984年生まれ。愛知県名古屋市出身。横浜市在住。大学卒業後、食品メーカーで広報やマーケティングに携わる。もともと書くことが好きだったこともあり、ライター講座に通ったことをきっかけに7年間の勤務を経てフリーライターに転身。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る