【伝説】スポット全てを回れば願い事が叶うらしい横浜三塔物語

先日記事にしたキングの塔の一般公開を取材にする時に、気になったことがありました。

それに気が付いたのは、キングの塔クイーンの塔ジャックの塔「横浜三塔」についてネットで検索した時のこと。

ネットで調べ物をする時に、いつもちょっとだけ頼りにしているウィキペディア先生。

その先生に教えてもらっていた時、先生からこんなことを言われたのです。

 

(前略)三塔を同時に見る事の出来るスポット(神奈川県庁の正面、横浜赤レンガ倉庫、大さん橋国際客船ターミナル)を全てまわると願いが叶うと言う都市伝説があり、これを「横浜三塔物語」という。(後略)
※ウィキペディアフリー百科事典「横浜三塔」より引用

 

なに!?

って、なりませんか?こんなことを教えられたら…。

だって、
都市伝説って書いてあるんですよ。

 
それで天気の良い日を狙って調査することにして、早速行ってきました!

 

赤レンガパーク
赤レンガ倉庫から①

三つの塔は、それぞれが半径100mぐらいにあります、基本的に古い建物なので、そんなに高い建物ではない。

そのことがわかっているので、とりあえず海の方からしか見えないと決めつけ、関内の端っこから回ることにしました。

 
海から三塔を見るとしたら、まずは赤レンガパーク。

思った通りに良く見えました!
まずは1ヶ所目ゲットです。

 
この写真は、この辺りから撮影しました。

 
センターに見えるジャックの塔が、写真では若干小さくて見え難いかも知れませんので、ちょっと拡大すると…。

赤レンガ倉庫から②

しっかりとジャックの塔も見えますね。

ジャックの塔は三塔の中でも一番、陸側に位置しているのと高さも一番低いため、どうしても他の2つの塔に比べて見劣りしてしまいます。

逆にクイーンの塔は、一番海側に位置している上、高さも一番高い。
塔の部分だけでなく、建物全体を見ることができます。

さすがは、税関として使われる建物です。

 
あ、そうそう…。

三塔が全て見えるスポットには、足元にわかるように印がつけられているのです。

1つ目のプレート発見!
赤レンガ倉庫から③

 
^^v

 
こんな目印がついているのであれば、その段階で既に都市伝説とは言わないような気もしますが、それはさて置き、1つ目のスポットゲットです。


ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事loveless_eye【魅惑】有機無農薬野菜の青汁で健康的に酔う「LovelessGreen」

次の記事hug_eye【共鳴】サンタフェを彷彿させるWoodyなBar HUGでRockにひたる

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る