2015年1月23日

【笑縁】笑顔を繋ぐ「えにし」が結ぶ縁と愛嬌が一杯のおもてなし

ページ数(1/6)
森本 康司 森本 康司

様々なご縁を繋いでくれる笑顔いっぱいのおもてなしで優しい気持ちにさせてくれる「愛嬌酒場 えにし」さん。尾上町の交差点からほど近い路地を入った先に、笑い声と熱気があふれ出る繁盛酒場がありました。笑顔が素敵な女将が率いる拍子木の音が響くお店。

まだ正月気分が抜けて居ないのだろうか…。

飲み始めるには、まだ明るさが残る時間だと言うのに、久しぶりに会う仲間との会食が気になり、仕事に身が全く入らない。

一度、意識があっちに向いてしまうと、無理に“それ”を戻そうとしても、満足度と完成度の高い仕事にはならない悪い癖がある。

 
少し早いが…。

あっちに行ってしまった意識を戻すことなく、このまま街に繰り出してやろう!!

幸い作業の区切りが付いたところ。待ち合わせの時間を考えると、別の新しい作業に着手しても、中途半端なところで切り上げなくてはならなくなってしまうだろう。

なんだかんだと都合の良い言い訳が見つかると、パソコンの電源を切って事務所を出る。

 
おっと…。

17時の待ち合わせまで、まだ30分以上もある。早い時間からの会食ということで、予約は必要ないだろうと、店は決めていないのだった。

お互い気まぐれな性格。この仲間とのいつもの会食は、その夜の気分に任せて店選びすることが多い。

フライングして、一人お店を決めるのだ。慎重には慎重を期してお店を選んでおかなくてはならない。

何せ、

気に入らないと思ったら、直ぐに河岸を変えてしまう相手だ。

 
さぁて、どこにするか…。
 

そうだそうだ。あの店が良い。

関内大通りを駅に向かい、たこ焼き屋の交差点と尾上町の交差点の間の細い道を入ったところに、17時前のこの時間でも開いていて、美味い和食を食べさせてくれる店がある。

えにしの看板

今夜の条件には、まさに打ってつけのお店がココ。

 

愛嬌酒場 えにし

えにしのカウンター席

U字になったカウンターに、いつもビッシリと客が座わる。何に魅せられ、この店に来るのか。

それは、それぞれに違う想いの丈があるのだろうが、一度でもこの店に来たことがあれば、この店が持つ他には無い或る物に気が付くというモンだ。

どんなに気まぐれな今宵の仲間も、必ずお気に召すに違いない。

えにしのテーブル席

カウンターの他に、テーブル席が2つ。

いつも可愛いランチョンマットが、色鮮やかに出迎えてくれる。日によって変わる、そんな心配りに無意識に足が向いてしまう夜が何度とある。

まだ客もまばらな時間だと、色とりどりの嬉しい心配りので、座る席を選んで見るのも楽しみの一つだった。

えにしのランチョンマット

今宵の気分は、この一枚。

目にも鮮やかな橙色が、これから運ばれてくる素敵な料理たちを引き立ててくれそうだ。それに、昔好きだったスポーツチームのイメージカラーなのが、また少しいいじゃないか。

この街に来て応援するチームが変わったが、今宵の仲間は野球の話を肴に酒を飲むのが好きなヤツだ。


お店詳細

目次に戻る