【絶景】みなとみらいの夜景なら、やっぱり関内が一番ジャン!

横浜といえば夜景。誰がそう決めたかはさて置き、これからの季節、夜景を見たくなる機会が目白押しではないだろうか?

夜景は、その夜景を形成する町のものではなく、夜景を見る場所のもの。そんな勝手な解釈で、みなとみらいの夜景は関内のもんジャン!と勝手に考え、夜景の見ながら散歩に行ってきました。

 
山下公園「石のステージ」
夜景1

みなとみらいの夜景を見ながら散歩するのであれば、お勧めのコースは山下公園の南端から、少しずつ夜景に近づいていくコース。みなとみらい線「元町・中華街」駅からマリンタワーを抜けて、山下公園の南端、「石のステージ」からスタートしてはいかがだろうか?

山下公園の端っこということもあり、この場所は比較的に人が少ない。言わば、知る人ぞ知る的な場所。しかも「石のステージ」と名付けられているだけあって、みなとみらいの夜景を奥に見ながら、自らが舞台に立っている。そんな感覚にさせてくれる場所。

 

氷川丸とみなとみらい
夜景2

石のステージを駆け下り、山下公園を北へと歩いていくと、まず最初に氷川丸が視界に飛び込んでくる。氷川丸と海を視界に入れながら見る、みなとみらいの夜景もまた美しい。夜景の光を海が反射して、明るさが倍以上に感じられるのがその理由だろう。

そしてここからは山下公園の海岸沿いを歩いていくと、次第にみなとみらい全体が大きくなってくる。

 

大さん橋総合ビルが存在感を強くする
夜景3

山下公園の北の端に着くころには次第に大さん橋総合ビルが、その存在感を強くする。ビルの夜景にはない色に輝く建物は、海にも反射して夜景の表情を大きく変えてくれる。

そしてここにはコンビニと公衆トイレがある。寒い季節には暖かい飲み物を買い、用を済ませておくのも良いかも知れない。

 


ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20131225_eye2【判明】北仲通に現れたドームで関内産レタスができるジャン!

次の記事eye380【気合】意気込みが横浜ブランドを叶えた!横濱帆布鞄「045」

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る