2014年6月5日

【挑戦】絶対に行きたくなる店が、ここにはある!馬車道しんちゃん

ページ数(6/9)
森本 康司 森本 康司

厚切りベーコン⑦

パクパク隊:
それにしても、お友達さん。遅いわね。迷子になっちゃってるのかしら?

 
いや、そんな心配はないはずだが…。

この場所なら、馬車道駅から歩いても2分ほどだし、JR関内駅から来ても、交差点から馬車道を歩けば迷わず来れるはずだ。

 
明太子・モチ・チーズ・ベビースターもんじゃ
もんじゃ焼き①

確かに、もうそろそろ現れてくれないと、もんじゃもお好み焼きも食べきれなくなってしまうな。

もんじゃ焼き②

見てくれよ、この明太子。照り照りでこんもりと乗っけられちゃって。たっぷりの明太子にもち。これがやはりもんじゃのレギュラーメンバーだ。

キャプテン③

キャプテン:
本場福岡から直接送ってもらってる明太子ですよ。
それも当店の自慢ですね!

 
なるほど。明太子といえば、やっぱり福岡だ。他の具材と一緒に焼いてしまったら、どんな明太子を使っても同じではないかと思って、そこまでしないだろうに、この店はとことんまで本物を追求しているのだろう。

もんじゃ焼き③

それにしても、今度もそうだ。

タップリのもんじゃの具材が、こんもりと器からはみ出してしまっている。それも器が小さいって話じゃないぞ。七味唐辛子の瓶よりも背が高い器だ。その器からこんもりと、遠慮することも知らずにはみ出してしまうほどの量。これで1,200円とは驚きも良いところだ。

ひょいっ!

もんじゃ焼き④

お、やっと来たか。

ちょうど良いタイミングだ。こんなにたっぷりボリュームのもんじゃを、二人だけじゃ持て余すところだったぞ。


お店詳細

目次に戻る