2014年5月7日

【宵闇】宵の薄暗さが迫る街で空仰ぎ見つかるM’sBarで優しく酔う

ページ数(3/6)
森本 康司 森本 康司

カウンター①

さて、この二人には何が良いか…。

いや違うな。これをきっかけにするんだ。

 
この二人には、イメージに合う酒で…。
 
カウンター④

マスター:
結構、無茶振りしますね。(笑
じゃぁ、ちょっとM’s Barの自慢どころを飲んでいただきましょうか。

 
それは謙遜だろう。
これほどまでの雰囲気を持ち、既にこちらは良い気分になっているだ。

オーソドックスなカクテルで良いんだが…。

ブルドッグ①

 
ん!?
なんだ?

 
あの氷、どこか変だ。

色が黄色くないか?

ブルドッグ②

ま、間違いないよな。
ウォッカが注がれた、あのグラスに入れられた氷は、

 
確かに黄色い!
 

ブルドッグ③

マスター:
まずは、ブルドッグを作りますね。
M’s Barでは、ブルドッグに使う氷はグレープフルーツのシャーベットを使います。

 
なるほど。
普通の氷を使うと、氷が解けだした頃には、すっかりと味がボケてしまう。

それが嫌で、氷が解ける速度に負けないように、飲み干すようにしていたが、
M’s Barではそれが必要ないらしい。

 
さすがだ!
 

コスモポリタン①

もう一方は何だ?

お店詳細

目次に戻る