2014年5月7日

【宵闇】宵の薄暗さが迫る街で空仰ぎ見つかるM’sBarで優しく酔う

ページ数(4/6)
森本 康司 森本 康司

無茶振りして困る顔を見てみたいと思って、少し意地悪なオーダーをしたのに、このマスターはピクリとも動じずイメージを固め、着々と2杯目のカクテルを作りだしている。

 
ちょっと待ってくれ!

コスモポリタン②

マスター:
シェーカーを振り始めようとした時に、ちょっと待てって…(汗
これまた無茶をいう方ですね。^^

 
コスモポリタン
コスモポリタン③

マスター:
こちらは、コスモポリタンです。
カクテルは『ヨコハマ』を頼まれる方もいらっしゃいますが、コスモポリタンもお洒落だと思いませんか?
国際人ってところが、横浜のイメージにも合うと思いますしね。

 
なるほど…。
 

何を作るか尋ねるつもりではなく、シェイカーを振る姿を写真に収めたく待ったをかけたが、どうやらそれはバレていないようだ。

おまけに、機嫌よくカクテルのことも話してくれるとは、
やはりこのマスター、話好きなんだろうな。^^

カウンター⑥

パクパク隊:
もう、飲んでも良い?

カウンター⑦

おっと

そうだった。

この二人が選択したカウンターで、ウィットに富むマスターの会話と照れ笑いする姿に、この店に来た目的を忘れかけるところだった。

 
優しく酔う…。
 
それが、この店に来た目的だ。
 

ん!? んむぅ!!
 

チリビーンズ②

なんだいつの間にか、ちゃっかりとフードもオーダーしているじゃないか。

 
すっかりと二人のペースに掻き乱されている感があるが、なぁお二人さん。

そいつは、何なんだろうか?

お店詳細

目次に戻る