2014年6月28日

【夜光】全てにこだわり抜くマスターのダンディズムが光るSur,eT

ページ数(4/7)
森本 康司 森本 康司

アメリカンレモネード①

機械のような細かく丁寧な動きによって、2種類の液体はグラスを無駄に汚すこともなく、今こうして二層に別れて静寂に包まれる。

井田さん⑥

当然、この静寂をへと変えるのも、またマスターの美しい動き。

二層に別れたレモン・ジュースとガムシロップを、綺麗な手つきで持ったマドラーで掻き混ぜる。

井田さん⑦

二層に別れていたはずの2種類の液体は、しつこいほどまでにしっかりと混ぜられ、一つの液体…、いやレモネードとして生まれ変わる。しっかりとステアされ、しっかりと一体化させることが、この次に注がれる3種類目の液体を、美しく映し出すためには必要になる。

 
ふふっ…
 

井田さん⑧

そうだったな…。

そう覚えているのも、最初に店に来た時に、彼女が同じお酒をオーダーし、それを不思議そうに眺めていたら、マスターが教えてくれたんだった。

アメリカンレモネード②

今度はゆっくりとした手つきで、慎重すぎるほど慎重に、

アメリカンレモネード③

静かに赤ワインをレモネードの上にフロートさせる。


お店詳細

目次に戻る