関内エリアの駐車場をマップ化!独自の基準で紹介するジャン!

関内と言えば飲み歩くところって勝手な考えを持っている関内新聞ですが、オフィス街としても、またデート観光スポットとしての顔を持つエリア。

関内新聞は取材と称して飲んでいることがほとんどなので、あまり気にかけたことがなかったのですが、街を歩いているといたるところに目にするのが「駐車場」。

結構、わかりにくいところにあったり、
 
え!? こんなところにもあるんか?(笑

なんて思うことが多発。んだから、駐車場を見つけるたびに写真にとって、ついでに地図にもしていこうとと思ったジャン。

 
関内駐車場マップ

 
最初は一つ一つを写真に収め、記事にしていこうと思ってマップ化を始めたのですが、明からに

「建て替えが決まるまで、駐車場にしておこうか」的な場所のコインパークもあり、記事にしても、

いつの間にか駐車場が無くなってた!?

なんてことにもなりますので、関内新聞独自の視点で気になる駐車場をピックアップして紹介します。マップピンは適時更新していきますので、そちらを駐車場探しに使ってくださいね。

 
コインパーク 関内
コインパーク 関内

ここは関内大通りにある駐車場の中で、最も関内駅に近い場所にある駐車場。尾上町の交差点から海側に1ブロック目の交差点に位置している非常に便利な立地。

8:00~26:00 25分/300円
26:00~8:00 30分/100円
収容台数:7台

微妙に料金表示が面白い。深夜から早朝はかなりお安くなるんジャン!

あと7台中、4台(駐車スポット番号限定)に関しては、4時間2,000円って特別料金があるので取り合いになっていること必至かも。

 
カサハラビルNo.4
カサハラビルNo.4

尾上町通りで横浜市役所に最も近いのがこちらの駐車場かな。横浜スタジアムにも近いし野球を観戦するときや、イベントに来た時なんかにも便利だと思います。

6:00~18:00 基本60分/300円:追加30分/200円 最大1,000円
18:00~6:00 基本60分/300円:追加30分/200円 最大1,000円
収容台数:30台以上(推定)

この料金表示を見て目を疑いました。看板が間違っているのじゃないかってね。だって昼も夜も値段一緒なんですよ。(笑
ということは、オールタイム同じ値段ってことですね。たぶんその認識であっていると思います。

ただ機械式の駐車場なので、車の高さ制限「1580mm」があるのでハイルーフは停められませんね。

 
GS PARK 関内パーキング
GS PARK 関内パーキング

関内の飲食店が立ち並ぶエリアで最も収容台数が多いと思われるのがこちらの「GS PARK 関内パーキング」。

8:00~24:00 基本20分/200円
24:00~8:00 基本60分/200円
12時間最大1,200円
収容台数:120台(時間貸し)

200台以上は停められそうなんですが、守衛さんに伺ったところ、一時利用は120台を上限にしているとか。きっと月極めの契約があるからでしょうね。

こちらは常磐町通りに面しているうえ、青い大きな建物なのですぐに見つかると思います。


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20131207_eyecatch関内新聞ペーパーカード設置店マップを喜んで紹介するジャン!

次の記事20131215_eye【快挙】中華街の老舗BAR「ケーブルカー」に潜入したジャン!

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る