2014年3月28日

【至福】時が穏やかに流れる和食居酒屋「時穏-じおん」に酔う

ページ数(4/4)
森本 康司 森本 康司

店に入ってきた時に目に入った無数の焼酎だけでなく、ワインのボトルのラインナップもたくさんメニューに載っていた。

焼酎をあまり飲まない女性には、ワインをということか。だからクリームグラタンというメニューもあるんだな。

相手は焼酎を飲みだしてしまったが、グラタンと合わせて一杯だけ赤ワインを飲もう。

 
シャモの水炊き鍋
水炊き

少々食べ過ぎた感じもするが、シャモの水炊きを食べずには帰れない。それに相手には言えないが、仕事の話なんてのはどうでもいいんだ。

鍋の面倒を見ていると、仕事の話に集中しなくていいから助かる。こういう時は、ふんふんと頷きながら鍋の世話をしていれば、話を聞いてないというようには思われないからな。

 
仕事の宴席は鍋と相場を決めている。

 
それにしてもこの水炊き。シャモ肉がぷりぷりしていて、

 
うまい!
 

団子も柔らかくいい感じだ。

さっきまで色んな鶏料理を食べてきたが、これだけバリエーションが豊富だと、いくら鶏肉を食べても食べ飽きない。

無類の鶏肉好きには最高だ。

 
仕事の話を食事の席でするなんてと、最初は気が乗らなかった宴席だが、今日はこの鶏料理に免じて許してやるか。

 
当然、〆は雑炊だろう
雑炊

それにしても俺の腹にはよく入る。

シャモのエキスがたっぷり出た汁で作る雑炊はうま過ぎる。溶き卵はとろり半熟が良い。

ふぅ。

 
大満足にお腹がいっぱいだ

 
それにしても、今日の仕事の話っていうのは何だったかな?鶏肉の旨さに集中しすぎて、相手が何の話をしていたのか覚えていないな…。

仕方がない。また明日にでも今日のお礼を兼ねたメールを送って、今日の要点は何だったのか聞いておこう。

 
時、穏やかなひとときを楽しませてくれた「時穏」という店は、本当に雰囲気が良い。色んな鶏料理に合わせる豊富な酒。

カウンターもお洒落だし、食事が終わった後は、いっぱいウイスキーを飲んで帰るのも良いかも知れない。ワインのボトルメニューもあったから、今度は女性と来たいもんだ…。

いかんいかん。その前にアイツを連れてこなきゃだったな。

 

ショップデータ

地鶏旬菜 時穏
  • 横浜市中区弁天通3-43-1
    サングレイス関内B1
  • TEL:045-222-8205
  • 営業時間:
    ランチ/11:30~14:00
    ディナー/17:00~24:00
  • 定休日:日曜・祝日

【関内新聞読者特典】
事前に「関内新聞見たよ」と予約をすると、プチデザートをサービス。※夜限定

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る