横濱媽祖廟~よく当たる!と評判の、中国式おみくじにドキドキ!

横濱中華街では「横濱関帝廟」(よこはまかんていびょう)と並ぶきらびやかな廟、「横濱媽祖廟」(よこはままそびょう)。「媽祖」は航海安全を護る女性の神様で、家内安全や無病息災などさまざまなご利益があるそうです。

媽祖廟全貌

廟の中心にまつられているのはもちろん媽祖様なのですが、それ以外にも多種多様な神様がまつられているのをごぞんじですか?

学問の神様「文昌帝君」(ぶんしょうていくん)をはじめ、安産の神様「臨水夫人」(りんすいふじん)、子宝の神様「註生娘娘」(ちゅうせいにゃんにゃん)、金運招財・財産安全の神様「福徳正神」(ふくとくせいじん)まで。

そんな中、観光客から圧倒的な人気(?)を誇るのが縁結びの神様「月下老人」(げっかろうじん)。

「横濱媽祖廟」は知る人ぞ知る恋愛成就のパワースポットでもあるのです!ピンク色をしたかわいい縁結びのお守りも大変人気だそうで、中に縁結びの象徴でもある赤い糸が入っています。なんだかとってもご利益のありそうなお守りですが、このお守りのご利益をさらにパワーアップさせる方法が…!

媽祖廟お守り

それは、頂いたお守りに香炉の煙を浴びせる、ということ。

最もよいのは自分でお供えした線香の煙を浴びせることだそうですが、すでにお供えされている線香の煙でもご利益はあるそうですよ。

 
さてもう一つ、横浜媽祖廟で「よく当たる!」ととても評判なのがおみくじです!

おみくじと言っても、私たちが神社でよく見かけるものとは異なり、そのやり方は中国式。竹筒に入った棒くじと、神筈(しんばえ)という木製で三日月型をしている神具を振って行います。

媽祖廟おみくじ

特殊な手順のため、そのやり方を媽祖廟スタッフの梁(りょう)さんから教えていただきました。

 
1.拝礼台にひざまずき目をつぶって手をあわせ、自分の名前、住所、生年月日を神様に伝え、神様に聞きたいことや願い事をひとつだけ唱えます。

2.棒くじの入った竹筒を振ります。

媽祖廟棒くじ

竹筒を振ると、このように1本を飛び出てくるので、その棒くじを抜いて下部に書かれている番号を確認します。

3.神筈(しんばえ)を両手で包み込むようにあわせ、「●番でいいですか?」と神様に尋ねて床に振ります。

媽祖廟の神筈

4.神筈(しんばえ)の表裏の組合せが神様からの答え。

媽祖廟の神筈②

このように表と裏の組み合わせが出たら「その番号でよい」という神様からのお返事。もし同じ向きの組み合せが出たときは、もう一度棒くじを振るところから。

表と裏の組み合わせになり、神様からのOKが出るまでくり返さなくてはなりません!私は2回目でOKをいただきましたが、お隣のお姉さんは10回くらい振っていました。でも、表と裏の組み合わせが出る早さは結果やご利益とは全然関係ないようなのでご安心ください。

 
さて、無事に神様からのOKをいただいたところで、棒くじに書いてあった番号のおみくじを受け取りに行きます。

媽祖廟のおみくじ

「おみくじにはいろいろな項目ごとに結果が書かれていますが、自分の唱えた願い事についてのみ確認してくださいね」と梁さん。

ちなみに私のおみくじにはとってもいいことが書いてあったので、財布の中に大切にしまっておくことにしました。ありがとうございます、媽祖様、月下老人様。

よく当たると評判のおみくじということですが、「まずは棒くじを引き、その後さらにその番号でよいかどうかを神様に尋ねる」という2ステップ式だと、なんだかおみくじの説得力や効力も増す気がしますよね。

 
さて、もうすぐ「春節」。中華街が最も賑わう時期がやってきます。今年の旧暦元旦は2月19日。媽祖廟では旧暦大晦日の18日、カウントダウンイベントや獅子舞が行われます。日ごろ溜め込んでいた厄を落とし、同時に福をもらえるとされる「神輿くぐり」も2月28日まで開催されるそうです。

今年のおみくじがイマイチだったあなた、バレンタインの後味がイマイチだったあなた、横浜媽祖廟への“初詣で”で、神様のお告げとパワーをもらっちゃいましょう!

 

施設詳細

横濱中華街 媽祖廟
  • 住所:
    横浜市中区山下町136番地


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20150130blackvelvet_eye【霜降】Barメシの域を超えた肉を食べさせる凄腕のBlackVelvet!

次の記事20150225_minatonooka_eye港町の空気を味わい歴史の一端に触れられる「港の見える丘公園」

この記事の著者

岸野 ちほ

岸野 ちほ副編集長

九州生まれ九州育ち。学生時代を横浜で過ごし、横浜を第二の故郷と呼んでいる。ハマスタでアルバイトをしていたことがきっかけでベイスターズファンに。ファン歴は10年。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る