【日課】毎日使いができるルーティンで非日常的な安らぎを感じる

今年の夏はうだる様な暑さが続いているせいか、街を歩き回るというよりは気分を信じ目的を定めて繰り出すことが増えた。

関内桜通りや相生町通りなど賑やかな通りは数多くあれど、関内と言ったらやはり弁天通なんだ…と勝手に決めつけ歩くようになった気がする…。それはやはり夜の帳が下りれば、弁天通と関内桜通りのコンビニのある交差点がひと際煌びやかに見えてしまうからだろうか。

 
久しぶりに関内でメシが食べたい!とあの子が連絡してきたもんだから、待ち合わせは『その』煌びやかな交差点にし、暗くなった夜空が眩い光に包まれる“辺り”を見回して待つ。

※あの子とは少し登場が少なくなっているが、関内新聞のグルメカテゴリのネタに時折現れるモグモグ隊のこと。

なかなか現れないあの子に少しイライラしながら、煌びやかな方に目をやってみると、その煌びやかな要因を作っているビルのテナント看板が目に飛び込む。

ルーティンの外看板

ふむ…?

あまり詳しい訳ではないが、ついこの間までには無かったある看板に目が留まる…

店看板がたくさんあるから見落としていたのだろうか?と、何となく気になった洒落たロゴに気を取られていると…

バシっ!
ヘ(__ヘ)☆\(^^;

 

そこへ主演女優並みに、「主役は最後に登場する」と物語る表情をしたあの子が登場する。

ノッケから何を突っ込んでくれちゃっているんだと、思わず文句を言ってやりたいところだが、煌びやかな要因であるテナント看板に見つけたシャレたロゴが気になり過ぎて、それどころではない。

ルーティンに登る階段

看板に書かれたように、階段を2階へと足を運んでやったその先に…

ルーティンの外観

ビシっビシっと、更に気になるワインレッドの看板を見つけ、あの子の了解も得ずに今宵のメシ処が決まってしまう。

いざ、ルーティンの店内へ

階下の外看板や店の扉の上に付いた看板のワインレッドとは一変した店内。

ルーティンの店内①

それはまるで深海に小さな潜水艇で潜って見る景色のよう。

ルーティンの店内②

壁は深い緑がかかった青に、カウンターやテーブルは艶っぽいシックな木調。

ルーティンの店内③

その木調が床にまで統一感を持って行き渡り、そしてその床の先に、この木調全てがコヤツのために仕組まれていると感じさせる主役級の楽器が鎮座する。

お店詳細


ページ:

1

2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事projection_eyeキングの塔が鮮やかに彩られる。プロジェクションマッピング開催

次の記事alc_eye編集長がついにカクテルを監修!? bar ALCで味わう一夜の“楽園”

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る