2014年6月28日

【夜光】全てにこだわり抜くマスターのダンディズムが光るSur,eT

ページ数(1/7)
森本 康司 森本 康司

桜木町から馬車道に向かう歩道橋の上で、ふっと振り返るようにみなとみらいの夜景を眺めれば、それは一つ一つに手を抜かないこだわりを貫くダンディーなマスターがかけた魔法。時間が止まるような空間で、お洒落に酒を飲み美味いBarメシを堪能できるこの店。

それにしても梅雨の鬱陶しい季節が続いている。こう毎日毎日ジメジメした空気の中で仕事をしていると、さっぱり爽快な気分にさせてくれるような、刺激が必要だと感じてしまう。

都内での仕事がすっかり長引き、関内に戻るのが随分と遅くなった。

 
梅雨の時期とは言え、幸いにして雨は落ちて来ていない。ドンよりした気分を和ませるために、久しぶりにみなとみらいの夜景を眺めてから馬車道に向かうか…。
 

桜木町の駅を降りて馬車道に向かうには、大岡川にかかる歩道橋を渡るとすぐだ。その歩道橋の上で少し足を止め、ふっと振り返るように見返せば、そこには最高に素敵な気分にさせてくれる、あの夜景がある。

深夜0時の少し前。

この時間なら、まだ大観覧車もライトアップされている。ランドマークタワーに見下ろされるように感じる夜景も、輝く大観覧車と一緒に眺めてやれば、横浜に帰って来たことを実感できる。

 
久しぶりにゆっくりできる週末前の金曜日。
 

今夜は時間を忘れ、心地の良い場所で、

ゆっくりと会話を楽しんで酒が飲みたい気分。

 
そんな気分の時に、最高のBarがある。歩道橋を下り、住吉町に入ってほどなくした、BarやPUBが入居するビルの一室。最高に綺麗な女性が出迎えてくれる、あのBarが…。
 

さて、今夜はゆっくりセンスの良い音楽を聴きながら、ゆっくりと酒を飲んでやるとするか。

 
LE BAR sure T
入口①

4階でエレベーターの扉が開くと、いつでも彼女が出迎えてくれる。いつまでも変わらぬ美貌を保ち、少し意味あり気に何かを囁きそうな、その表情。

その彼女の視線の先に、心地の良い時間がいつも待っている。

入口②

LE BAR sure T…。

このBarとの出会いは、どんなタイミングだったか?

初めて来た夜は、確か店の中にも綺麗な女性が独り、お洒落なカクテルを飲んでいたんだった。静かにゆっくりと時間が流れた夜だったような気がする。1週間続いた忙しさで、頭が酸欠になっている日には、その時の光景が脳裏に浮かび、自然と足をここに向けるようになった。

 
オーナーバーテンダー 井田 達也 さん
井田さん①

 
もちろん他にも理由はある。
 

それは、一つ一つの仕草や所作に、キラリと光る格好の良い動き。発する声に色気があり、全てにエッジを効かせた立ち振る舞い。それはまるで、アイロンがしっかりと当てられたうえに、全ての角をぴったりと揃え、折りたたまれたハンカチのよう。

そんなオーナーバーテンダー 井田さんをカウンターの中に見ながら、ゆっくりと酒を飲み、そしてGoodなタイミングで話しかけられるのをつまみの代わりに待てば、ゆっくりと脳に酸素が溜まっていくことを感じられる。

カウンター③

さて、何にするか…。

この店はBarとしては珍しく、あらゆる種類の酒が用意されている。バーボンやスコッチはもちろんとして、ワインに焼酎、日本酒まで揃っているBarは、あまり出会ったことがない。

初めて来た夜も、そんな話をマスターとしていたかも知れない。

…、

いや、待てよ…。

そんな話をしていたのは、あの綺麗な女性とマスターだったか?それを耳にしていたのが、いつの間にか自分が話していたように、記憶が変わってしまったのか。

 
ふふっ…。

まぁ、そんなことはどうだって良いか。


お店詳細

目次に戻る