2014年5月5日

【蛸楽】関内でハイボールと楽しむ関西のソウルフード築地銀だこ

ページ数(3/6)
森本 康司 森本 康司

店内④

照明だって、ほら。

たこ焼きが生まれた時から持っていただろう、屋台というイメージを全く感じさせず、お洒落な英国の酒場でゴルフのラウンド上がりの紳士が、ゴルフボールをハイボールにつけ変身させてしまったたこ焼きに映し出しているようだ。

 
たこのおつまみ ガルシア風
ガルシア風①

たこ焼き屋でハイボールと共に、とりあえずの一品として頼むおつまみは、これまたお洒落に頬紅を塗った、スパイシーなスペイン女性と恋に落ちた感覚にさせてくれる。

ガルシア風②

パクパク隊:
あっ。この人ね、食べる物が出てくるたびに、訳のわからない表現をすることがあるけど、気にしないで食べてね。

友達:
この蛸、柔らかく少しだけ茹でられて食感が良いし、後からピリッとくる感じを、炭酸の効いたハイボールがスッと洗い流してくれるから、相性抜群の後を引く美味しさね。

 

 

ぜったいうまい!!たこ焼き
たこ焼き①

パクパク隊:
キャー、来た来た♪
やっぱりたこ焼きには、青のりと鰹節が必須よね。

友達:
それに、ソースの味とマヨネーズが、関西の粉ものの極みみたいなものだよねぇ。

タコ焼き②

友達:
皮がパリッとしてるのに、中はトロッとして、それにタコはプリプリっ♪♪

パクパク隊:
あ…、熱い。
慌てて食べちゃったから、口の中が火傷しそうになったけど、ホクホクで美味しいわ♪

 
な、何なんだ。
 

すっかり出番が無くなってしまったように出遅れてしまったが、この二人のグルメレポーターのような満点のコメントは、何なんだろうか?

お店詳細

目次に戻る