2014年3月19日(水)

【圧巻】驚異的なデカさのクイーン・エリザベス号に鳥肌が立つ

ページ数(5/7)
森本 康司 森本 康司

いよいよ船首に到達
船首①

長さ294mですから船尾から船首まで、かなり時間をかけて歩きました。

ここはもう、大さん橋の先端近くにもなっていました。

船首②

船の中が唯一見れた場所です。

太いロープが何重にも巻かれた機械が見えました。

ランドマークタワーとクイーン・エリザベス号

夕陽が沈みだし、クイーン・エリザベス号に電気が灯り始めました。

見物客⑤

その瞬間、見物客も一斉にシャッターを切ります。

この先端部分には三脚を持ったたくさんの人がいました。みなとみらいの夜景と彼女のツーショットを収めようとしているみたいです。

 

そしていよいよお別れの時間
夜のクイーン・エリザベス号①

大きな汽笛と共に煙突からうっすらと煙が吹き上がりました。

いよいよお別れ、出航の時間が近づいたようです。

今度はベイブリッジをくぐる彼女を収めるため、山下公園の方に歩いていきます。

夜のクイーン・エリザベス号②

大さん橋に向かう道は大渋滞です。

その向こうに見えるクイーン・エリザベス号。その姿はまるで映画のCGを見ているかのよう。

目次に戻る