2014年3月19日(水)

【圧巻】驚異的なデカさのクイーン・エリザベス号に鳥肌が立つ

ページ数(6/7)
森本 康司 森本 康司

夜のクイーン・エリザベス号③

いよいよ動き始めました。

建物と一緒にいる姿を凝視していないと、動いているのかどうかもわからない速度でした。

出航①

時間にすると2分ぐらいたった頃、ようやく大さん橋を回り込み海に出ていきました。

出航②

横浜の海の入り口。ベイブリッジに向かっていきます。

出航③

これほど大きな豪華客船が大さん橋に停泊するのは初めてとのこと。その理由は、ベイブリッジをくぐることができなかったため、これまでは大黒ふ頭に船を停めざるを得なかったようです。

出航④

横浜ベイブリッジの高さは55m。そしてクイーン・エリザベス号の高さは56.6m。公表されている数字で、既に彼女はベイブリッジをくぐることができません。

出航⑤

そのため、海面の高さが2m下がる引潮の時間を狙ってベイブリッジをくぐり、そして入ってきたときと同じ時間に去っていくのです。

目次に戻る