【神秘】宇宙空間に投げ出されるプラネットBar星蔵で流星を見る

アイツを少し驚かせてやろう

 
近頃、仕事の手伝いをさせることが増えたし、たまにはデートっぽいことでもしてみるか…。

 
そんな思いつきから、アイツに声をかけることにした。

取材には無くてはならない存在になりつつあるアイツは、パクパク隊として一部の読者に人気の存在になっているらしい。
 

さっき掛かって来た電話の相手も、パクパク隊のアイツのことが気になると言っていた。そんなことを言われてしまっては、アイツを外しては記事にし難くなってしまうじゃないか。

 
星でも見に行かないか?
 

その誘いにアイツは、直ぐに乗って来た。

デートっぽいと言っても、無暗やたらに歩き回るのは勘弁だ。美味い食事をしながら酒を飲み、それでいてそれなり雰囲気の出せる店で腰を据えたい。

 
そんな場所がある。

事前のリサーチで既に、アイツが喜びそうな店を決めていた。

 
プラネットBar 星蔵
入口

馬車道を少し入ったところの薬局の角を曲がった相生町にあるこの店は、ゆっくり寛ぎ星空を眺めながら酒はもちろん、美味い食事もとれると調べがついている。

無意味に歩き回ることが嫌いだから、一度で全ての願望を叶えてくれる店が良い。

 
じゃぁ、入るか…。
 

プラネタリウム②

 
きゃっ(*^^*)
 

プラネタリウム③

パクパク隊:
これがお店の中なの?
真っ暗で何も見えないけど、星が綺麗ね。

※パクパク隊とは関内新聞のグルメネタにちゃっかり同行する、食べることが仕事のボランティアスタッフ。美味しさの感動を読者に伝えるために同行してくれる心強い相棒。

 
そうだろう。

たまにはデートっぽいことをしてみるのも良いよな。
だからこの店にしたんだ。

星空を眺めるなんて、まさにデートっぽいと思わないか。

店内②

さて、どこに座るか…。

初めて来る店だ。
ここはやはり店の人と話せるカウンターが良いだろう。

お店詳細


ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事hug_eye【共鳴】サンタフェを彷彿させるWoodyなBar HUGでRockにひたる

次の記事para_eye【情熱】滝ともはるの音楽が南回帰線を経て行き着いたパラダイス

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る